21次隊・ボルネオツアー報告の4回目です。
11月1日の朝からサラワク文化村を訪ねクチン市街に戻った御一行、さっそく次の目的地へ・・・向かう前に、まずは昼食であります。
現地旅行社N島さんイチオシ、今クチンでブレーク中の「コロ・ミー」をいただきます。
彼が空港で出会ったインドネシアに帰国するクチンで働いてる女の子が大量の荷物を抱えてたので手伝ってあげると、これが全てコロ・ミー、訊けばインドネシアの友達にもぜひ食べさせてあげたいから、とのことだったそうで、
「おそらく帰国するまでに駄目になってたでしょうが、今のところクチンにしかありませんからね。
元祖のお店は最近ご主人が亡くなって、代替わりしてから味が変わりましたが・・・」
と、ジャンクフード事情にもお詳しいようです。

KOLO-MEE、直訳すれば「油麺」で、チャーシュー油とねぎ油をベースにした秘伝のタレを小麦細麺にかけたファーストフードだそうで、いかにもわたくし好み・・・
DSCN6140
クチンの巨大スーパーに併設されたフードコートの一角へ・・・

別のコーナーで(自分だけ)ビールを買ってチキンとビーフのチャーシューでやってると、
一人ずつお待ちかねのコロ・ミーが運ばれてきます。じゅるじゅる
DSCN6135


じゃーん
DSCN6137


DSCN6138
って、なぜかピントが合ってませんが・・・コロ・ミーであります…

トッピングはチキン・ビーフのチャーシューと挽肉だけですが、ねぎ油とかのタレが絶妙で、付属のスープや辛い薬味をかけて、汁麺にしてもおいしいそうです。

ちなみにこちらは・・・
DSCN6136
最近コロ・ミーを食べると、どーゆーわけか、お腹が緩くなるとゆーN島さんが頼んだ、
焼き鳥・チャーシュー焼き飯。こっちも食べたかったなあ・・・
コロ・ミーとその汁麺とこの焼き飯と、同時に三品はいけそう・・・
ちなみにタイガービールはここでは4.5リンギでした。げふっ

と、昼食後は昨日のスリアンからサバルへの道を途中まで進み・・・
DSCN6141
クチン近郊にある巨大なマレーシア空軍基地を通り過ぎて・・・


脇道に入るとほどなく・・・
BlogPaint
セメンガのワイルドライフセンター(野生保護区)に到着。
って、じつはこの画像、帰りがけに撮ったものですが・・・


DSCN6143
右クロコダイルとか書かれてますが、我々は左のオランウータンくんの餌場へ・・・


DSCN6144
木道をすすんでいくと・・・


DSCN6147


DSCN6148
巨大なドリアンの木・・・実はまだ小さく1~2か月後が食べ頃だそうです。
って、ウータンくんたちのごちそうを奪ってはいけません・・・


DSCN6146
共生でしょうか、何とも怪しい雰囲気・・・すべてが緑と茶の明暗だけの世界・・・


さらにすすむと、いました、いました・・・
DSCN6171
前回ここを訪れたのは2010年の1月、ちょうど野生のドリアンなどが真っ盛りの時期だったので、食餌時間にずっと待ってても見ることはできなかったんですが、今はまだ野生のおいしい果実が少ない時期なんでしょうね・・・おいしい餌を置くと、保護されたウータンくんたちが野生に戻らなくなるので一日に2回、あまりおいしくない餌を与えるようで、たしかにぼそぼそ食べてました。

DSCN6163
家族でしょう、こんな大きなお父さんを保護区とはいえ野生で見るのははじめて。


せっかく30倍ズーム付き世界地図を持ってたので、さらにズームアップ・・・
DSCN6158
食べながらも、お母さんと子どもの動きをずっと見守ってました・・・


その視線の先にいるお母さんと子ども・・・
DSCN6161
もう食べ終わったのか、餌場から少し離れてました・・・
二人とも手に何か持ってますね・・・


で、木道後方の樹上・・・
DSCN6185
右手前の木から左へ3本目、奥にある細い木の樹冠あたりの茶色い塊・・・


DSCN6186


DSCN6193
別の若い個体がいました・・・さすが30倍ズーム・・・

あの餌場からここまで移動してきたようで、やはり三枚前の画像のような高木が続いていないとウータンくんたちは移動できないんですね・・・

何度か書いてますがマレー語でオランは人、ウータンは森、まさに森の人で、高木中木低木がバランスよく存在する豊かな森がないと絶滅してしまいます。

大規模なアブラヤシ農園や畑などの開発でボルネオの熱帯雨林は急激に減少しています。
ウータンくんやゾウさん(ボルネオ・ピグミー・エレファント)、マレーグマくんだけでなくボルネオの熱帯雨林には地球上の生物種の7割以上が暮らしているともいわれ、この生物の多様性やここから供給される酸素は人類にも様々な恩恵をもたらしています。

いっぽうでアブラヤシをはじめとするボルネオ産の農産物やその加工品は、我々はもちろん地元が豊かになるためにも必要不可欠なもので、アグロフォレストリー(混農林業)などによる、今後も共存できる持続可能な方策が求められている所以です。

N島さんによるとサラワク州でも様々な政策変更をして試行錯誤が続いているそうですが、やはり需要と供給、効率性などの課題もあるようで、今後も注視してお手伝いしていく必要があるでしょう。


そう・・・
BlogPaint
この汗まみれの希少動物を保護するためにも・・・


って、水をクルマに置いてきたので、ボルネオでは珍しい自販機で・・・
DSCN6225
マンゴージュース・・・と間違って豆乳ジュースを・・・
ちゃんとSOYA(豆)って書いてあったのに・・・ま、こちらもおいしかったけど・・・
ちなみに帽子にずっと付けてたのは日本沙漠緑化実践協会のバッジです。

さらにちなみにNHK「世界ふれあい街歩き・クアラルンプール編」を見てたら地元の高校生が、みんなこの豆乳ジュースを飲んでましたから、国中のトレンドなのかも知れませんね・・・

セメンガからの帰り道、市街に近づいてくると木はまばらになってきます・・・が・・・
DSCN6226
ドリアンの木は伐らずにおいてあるそうで、現地でもドリアンは大人気で商品価値も高く、N島さんによると30本のドリアンがあれば年一回の収穫だけでクチンのサラリーマンの年収ぐらいにはなるとか・・・

で、この日もホテルに戻ってシャワーを浴びてから夕食まではやや時間があったのですが、翌日にはサバ州に移動するので自室でパッキングなどをして過ごし・・・

クルマでビルの地下街にある寿司店へ・・・
DSCN6228


ではなく・・・
DSCN6244
その奥にある高級中華料理店へ・・・そう、サラワク最後の夜なのでどどんと・・・


前菜に続いて、おこげスープから始まり・・・
DSCN6232


DSCN6231
次々と料理が出てきました。


メインの北京ダック・・・
DSCN6233


DSCN6236


DSCN6238
ここでは北京ダックの中味(家鴨肉)もレタス包みでいただけました。


DSCN6237
(マングローブ林を開発した養殖池で育った?)エビ料理とかも・・・
後の記事で紹介する予定ですが、海岸や汽水域川岸などのマングローブ林も、エビの養殖池化や埋め立て開発などで減少しており、その洪水・土砂流出防止機能や水質浄化機能がなくなって、あちこちで被害も出てるようで、沿岸部でもさらなる植林の必要性が高まっているようです。
ちなみに養殖エビの一番の輸出先は日本だそうで、やはり持続可能な方策が必要ですね・・・

と、この後もいろんな料理が出てきて・・・
DSCN6243
ともかく完食であります・・・げふっ

で、ホテルに戻り、さすがにこの夜はパッキングの続きをしながらT田隊員とダベり続け、シーバスリーガルとおつまみで済ませて就寝したようです。あまりよく覚えてませんが・・・

(と、次号に続きます。)