N.GKS(エヌ・ジクス)のblog

海外での植林ボランティア活動を実践するN.GKS(もと緑の協力隊・関西澤井隊)のブログサイトです。

カテゴリ: N.GKS展・講演会関連記事

12月8日9日に開催された京都環境フェスティバル2018のご報告であります。

8日の朝、京都駅の八条口から・・・
DSCN0645


DSCN0648
京都女子大学(京女)へ往復している真っ赤な「プリンセス・ライン」へ・・・

ではなく、その隣から出ている「京都らくなんエクスプレス」で・・・
DSCN0675
京セラ本社のお隣にある京都パルスプラザへ・・・
プリンセスラインで京女でもよかったんだけど・・・

DSCN0652
会場であります。

わたくしがお手伝いする「NGO緑の協力隊・関西澤井隊」の展示ブース。
(N.GKS旧組織名で、今年もT富さんが個人出展して下さいました。)
DSCN0654
前日からN.GKS幹事のT田さんとT富さんが準備してくれてました。

さっそく、わたくしが持参したT富さんデザインのTシャツを追加して・・・
DSCN0657
切り絵作家のT富さんですが、自分が着てた分は奥様に捨てられたとかで不足分をT田さんと持ち寄りました。
そういや、彼は植林ボランティア・ツアー中に洗濯も着替えも一切しませんでしたから、おそらく帰国後のTシャツはひどい状況だったんでしょうねえ・・・

で、テーブル上には、わたくしが持参した地球儀を追加・・・
DSCN0661
そう、これまでの植林地を紹介した地球儀であります。


DSCN0663
上からモンゴル・ウランバートル近郊、内モンゴル自治区・クブチ沙漠周辺、蘭州、ボルネオ島ではサバ州とサラワク州で、これまで20年間23回にわたり現地の子どもたちと一緒に植えてきた植林地です。ちなみにブラジル・ベレン近郊の植林地は地球の反対側なので見えません。

他のブース展示については昨年も紹介してますので気になった分だけ・・・
DSCN0667
ダンボール工作の展示・・・

ガールズ&パンツァー人気からか・・・
DSCN0674
じょしこーせーも興味深げに魅入ってました。

わたくしが長年愛用していたマイアミブルーのワーゲンビートルのスケッチが展示してあったので、
DSCN0682
お話を伺うと、やはりご本人の愛車だったビートルのスケッチだそうで話が弾みました。
関西AFVの会にも参加され「ワールドスケールモデラー」を創刊した楽八さんとも会われたようで、ブース名について尋ねると「航空機ではハインケルhe111が一番好きなので」とのことでした。いやあ、マニアの世界というのは狭いものですね・・・Bf109が専門のマニアもいるし・・・

ま、他にも・・・
DSCN0693
こんなブースもあったのですが・・・

今回、特に興味を惹いたのはこちら・・・
DSCN0710
「未来の昆虫食プロジェクト」のブースであります。

アンケートに答えると試食クイズに参加できるという趣向・・・
DSCN0692
ご覧のとおり、後で正解を見せてくれて、①がカナダ産のコオロギ入り、②がタイ産のコオロギ入り、③がカナダ産のミールワーム入りだったそうですが、粉末で入ってるので全くわかりませんでした。

で、せっかくなので・・・
DSCN0690
粉末ではない昆虫そのままのローストとフライを購入しました・・・

と、さらに9日には会場内のミニステージで・・・
DSCN0665


DSCN0705
こんな講演もやってて、けっこう大勢の方が聴き入ってました。

何枚かスライドをご紹介・・・(公開に問題があるようなら削除します。)
DSCN0695


DSCN0696


DSCN0697


DSCN0698


DSCN0700
じゅるじゅるじゅる

ちなみに・・・
DSCN0707
未来の給食メニュー???だそうです。

肉や魚、穀物より環境破壊がはるかに少なく、効率的にカロリー補給できる昆虫食は古代から続く、まさに未来の食材、ただし食用に育てられたもの以外は必ず洗って火を通してから、とのことでした。

いっぽう、同じ会場内のワークショップでは・・・
DSCN0678


DSCN0680
13:30から「世界の子供たちと植林」と題する講演がありました・・・

ええ、カモ柄シャツを着た怪しいおじさんが動画解説をやってました・・・
DSCN0729


DSCN0724
ま、こちらの人影はまばらでしたが・・・

内モンゴル自治区・クブチ沙漠の20年前、10年前、そして今年5月の様子、モンゴル大草原の様子、アマゾン川流域、ボルネオ島サバ州・サラワク州の熱帯雨林の様子と現地の子どもたちとの植林や交流会の風景を20分の動画で紹介し、残り時間で各地域の問題点などを話すつもりでしたが、知識・経験不足と時間不足で、言葉足らずのまま終始してしまいました。
それでも十数人の方々が最後まで熱心に視聴いただいてたので、とてもうれしかったです。ご清聴ありがとうございました。

次回はもう少しまともな説明が・・・できるのだろうか・・・

mixiチェック


「エコプロダクツ2015」3年連続 出展

                         .GKS 幹事 達富 弘之

『エコプロダクツ2015』は平成271210()12() 東京ビッグサイトで開催されました。
本年度はボルネオ島の子供たちの画いた絵画を紹介しました。
マレーシアで環境問題に取り組むオイスカの事務局長が、N.GKSのブースを訪れられるなど、より多くの方々の注目を集めました。
なお、1211日(土)には、N.GKS関東部会の懇親会を開催しました。
池上幹事(関東部会担当)、山中さん、鋸屋さんご夫妻、角田さん、津田さん、達冨で旧交を温め、今後の展望を語り合いました。

.GKSのブースで説明する池上幹事
ngksブース
他のブースを見学する達富幹事
他のブース


「第5回亀岡N.GKS展」を地元の町と共同開催
「第5回亀岡N.GKS展」を平成28213()14()、ガレリア亀岡で開催しました。
初日は山崎副代表、津田幹事も応援参加、達富幹事在住の亀岡市東竪町の環境問題への取り組みと合わせて環境展が展開されました。
.GKSの関係は『ボルネオの子供たちの絵画展』『N.GKS第1次隊から第21次隊までの歩み』を展示しました。
来場者は2日間で約100名でした。

亀岡1
亀岡N.GKS展の会場風景           

2亀岡
親子も多く来場
 

            
達富幹事「IPCCリポート コミュニケーター」登録
達富幹事が気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のリポートコミュニケーターの講習を受講し、平成28年1月26日に環境省地球環境局長より終了証が交付されました。
ipcc
(写真は終了証を手にする達富幹事)

 
IPCCリポート
コミュニケーターとは、IPCCにより作成された「第5次評価報告書」の内容を、広く一般の国民に伝えていく「伝え手」として活動する人々です。(IPCCのホームページより抜粋)


 

       
mixiチェック

第5回 亀岡N.GKS展

                 ガレリア亀岡1階企画室

2月13日(土)―14日(日)

      10:00~17:00

主催 N.GKS 主管N.GKS亀岡
         協力 東竪町文化委員会環境部会 

        第1部

ボルネオの子供たちの絵画展

  N.GKS第21次隊の報告
          第2部
   東竪町文化委員会環境部会
   2015年度の取り組み
プログラム
ガレリア亀岡1階企画室 
13日(土) 映像による環境問題への呼びかけ
14日(日)① 「N.GKS第21次隊の記録」
            ② 「ボルネオ研究・まとめ」
      ③ N.GKS第22次隊のご案内」
      ④ IPPC報告「AR5」で環境問題を考えよう
      ⑤ 東竪町第1回環境講座「地球温暖化防止のため
      できることはなにか?できることを実践しよう」 
      の報告

アクセス
電車・バスでお越しの方
· JR嵯峨野線 亀岡駅から京阪京都交通バスで約10「ガレリアかめおか」下車
· JR亀岡駅からコミュニティバスで約10「ガレリアかめおか」下車
· JR亀岡駅から徒歩20
お車でお越しの方
· 京都方面から:国道9号線加塚交差点から約300メートル(左側)
· 京都縦貫道を利用の場合:亀岡ICから国道9号線へ
· 福知山方面から:国道9号線余部交差点から約300メートル(右側)
· 大阪(池田)方面から:国道423号線を亀岡へ。国道9号線加塚交差点を左折すぐ
駐車台数に限りがありますので、ご来館の際は 公共の交通機関をご利用ください。

お問い合わせ
N.GKS亀岡 事務局 達富弘之 0771-24-5601
Mail:tatsutomi51@hotmail.com

mixiチェック

12月10日から東京ビッグサイトで開催されるエコプロダクツ2015に、
N.GKSブースを出展しますので、以下のとおりご案内します。

エコプロダクツ2015出展のご案内
会期:2015年12月10日(木)~12日(土) 3日間
会場:東京ビッグサイト
(N.GKSブースはN-72 東4ホール 4-901)

また、会期中の12月11日(金)午後6時から、会場周辺で関東部会を中心とする懇親会を開催予定です。参加できそうな方は、この記事へのコメントやメッセージでお問い合わせ下さい。詳細を連絡させていただきます。

みなさんのご来場をお待ちしています。
DSCN5872
                  (21次隊・マレーシアボルネオ・サラワク州サバル森林保護区にて。2015.10.31撮影)


mixiチェック

(この講演会・展示会は終了しています。)

ボルネオ島への植林ツアー記事は前回で終了しましたが、今回はこの植林ツアーを主催した、わたくしの参加している植林ボランティア団体の15周年・記念講演会へのお誘い記事です。

予約不要・参加無料ですが、事前にメールやコメント等で連絡いただけると一緒に宴会もとい、お話もできると思いますので、よろしくお願いします。


―世界の子供たちに「木を植え育てる心」をはぐくむ実践隊―


  N.GKS(NGO緑の協力隊・関西澤井隊)

創立15周年記念 公開講演会・展示会のご案内


 日 時:2013(平成25)年 11月17日(日)

 場 所:文化パルク城陽 大会議室(東館4階) 近鉄京都線「寺田」駅から徒歩7分

 参加料:無料(参加自由)       



公開 講演会
 13時10分~15時30分


 「日中比較緑化考」  
                

         

         講師:徳岡正三先生(元高知大学教授、農学博士)



 「沙漠緑化を実践して20年」



 「熱帯雨林の保全・再生と国際交流」  
                

         

         講師:澤井敏郎(N.GKS代表)

         

         講師:達富弘之(N.GKS幹事・第18次隊隊長)




N.GKS15年の歩み展 
 13時~16

 

これまで15年間の取組の写真・資料を展示致します。チャリティも実施します。


本隊は、中国の沙漠緑化、モンゴル国での
緑化支援、北ボルネオ・ブラジルアマゾンの

熱帯雨林の再生植樹の実践をしています。今年8月までに18次隊を派遣しています。


なお、当日11時~12時N.GKSの会員総会を開催します。(傍聴歓迎)

一人でも多くのみなさんのご参加をお待ちしています。98k
DSCN0142
2013年夏・N.GKS第18次隊・マレーシア領ボルネオ島・サラワク州サバルにて・・・

DSCN0531
同・サバ州スカウにて・・・
mixiチェック

記事タイトルの講演会に参加してきました。
会場は京都・上賀茂にある総合地球環境学研究所の講演室・・・
RIMG15917


RIMG15916
京都・上賀茂なんてひさしぶりで、いろんな施設ができてるんですねえ・・・

おおっ、こっち、こっち・・・
RIMG15913


RIMG15914


RIMG15915
じつはわたくしの参加している植林ボランティア団体N.GKSの代表も講演するため、
そのお手伝いを兼ねて・・・

はじめは、嘉田良平氏のお話・・・
RIMG15919


フィリピン・マニラ郊外のラグナ湖から、前日の深夜に帰国されたばかりだそうで・・・
RIMG15920
実際にラグナ湖に流れ込む水系で、現地の人たちとともに、上流から下流まで総合的に調査し、やはり現地の人たちと一緒になって様々な取り組みをされておられ、フィールドワークに裏打ちされた、まだまだ貧困に苦しんでいる現地の人たちのことも充分踏まえた上でのお話は、わたくしのような素人にもとてもわかりやすく、現地の実情も知らず食の安全を叫んでる連中より、はるかに説得力がありました。

まあ、わたくしがもっとも共感したのは・・・
RIMG15921
「食」とは楽しいこと、とゆーことでしたが・・・

この後、ドイツをお手本に10年かけて、日本の自治体に「環境首都コンテスト」を根付かせてこられた「環境市民」代表理事の杦本育生氏のお話、続いてわたくしの参加している植林ボランティア団体N.GKS代表の話があり、いずれも長年の実践があるだけに説得力がありました。

三氏の講演の後は、コーディネーターをされた同研究所の副所長、主催者である京都生涯教育研究所の所長も交えての質疑応答などがありました。
RIMG15922
参加者も学生から研究者、我々のようなボランティアと幅広く、なかなか有意義でした。

で、終了後は嘉田氏の研究室で有志による打ち上げ、氏のフィリピンみやげのおつまみなんぞもいただいた・・・のですが、あいにくとわたくしはクルマ、ええ、ノンアルコールビールに終始しました・・・ううっ
mixiチェック

最近、ご案内記事やお誘い記事が続いておりますが・・・
わたくしが設立当初から参加している植林ボランティア団体N.GKSが、今年で創立15周年を迎えます。奈良での開催に続いて、京都・亀岡でも15年間の「歩み展」が開催されますので、ご案内申し上げます。

お近くの方は、ぜひお立ち寄り下さいませ。

亀岡N.GKS展 ロビー展とミニ講座のご案内

開催日時 2013年4月26日(金曜日)~27日(土曜日)の二日間

開催場所 生涯学習施設・道の駅「ガレリアかめおか」
                  TEL.0721-29-2700    京都府亀岡市余部町宝久保1-1 
                  JR亀岡駅よりバス10分または徒歩20分、9号線・加塚交差点西約200m
内容
ロビー展(中央ロビーにて、二日間とも9:30~18:00、入場無料)

   ・N.GKSの歩み
   ・AR CDMとREDD+
   ・沙漠の植樹と熱帯雨林の植樹
   ・第1回亀岡植林隊の報告
   ・N.GKS第18次隊(第2回亀岡植林隊)の案内
ミニ講座(2F研修室にて、先着30名まで、入場無料)
   ・
4月26日(金)14:00~17:00
       (1)沙漠の植林(N.GKS第17次隊報告)
       (2)スカウレポートとN.GKS第18次隊の案内
   ・4月27日(土)10:00~12:00
       (3) BORUNEO RESEACH(仮題)
       (4)スカウレポートとN.GKS第18次隊の案内

それでは4月末に亀岡で・・・は、お会いできないかも知れませんので・・・

8月末にボルネオ島でお会いしましょう!!!(近日中に、正式にご案内します。)
IMG_3173


IMG_2021
最近、画像の使い回しが多いなあ・・・
mixiチェック

わたくし、左バーのプロフィール欄にもあるとおり、'90年代から内モンゴルなどで木をちまちまと植えております。(ま、ただの宴会要員とゆー噂もありますが、あくまで噂であり、実態はですね・・・もごもご)

で、参加している植林ボランティア団体、N.GKS(NGO.Green Keeping and Supporting organization)エヌ・ジクスが、このたび創立15周年を迎えることになりました。
いずれまたシンポジウムなどの記念行事を開催しようと仲間内で考えておりますが、この15年間の歩みを、一人でも多くのみなさんに知っていただきたく、ささやかな「歩み展」を開催することになりましたので、以下チラシ画像にて、ご案内をさせていただきます。もちろん入場無料です。
             ご案内
画像をクリックすると、さらに拡大します。
RIMG15113
(掲載写真は2010年1月のボルネオ植林ツアーでの植林、最後列の左端がわたくしであります。)

チラシにあるとおり、
開催日時は2013年4月5日と6日の二日間(ただし5日は午後のみ)、
開催場所はJR奈良駅西口から徒歩3分の「奈良市はぐくみセンター」一階会議室
6日の午後に研究報告会がありますので、この時間帯にお越しいただければうれしいです。

また、事前に連絡いただけると、時間調整してお話もできますので、直接メールいただくか、左バーにあるプロフィール欄末尾のメッセージ機能、またはこの記事のコメント欄を利用して、なるべく事前連絡をお願いします。

それでは、「N.GKS創立15周年の歩み展」奈良会場でお会いしましょう!!!

じゃーん
IMG_3173
(チラシ掲載写真のボルネオ・サラワク州森林局保護区へ向かう98kさんの雄姿!!!)

IMG_2021
(チラシ掲載写真の原画、イバン族の子どもたちと。画像をクリックすると拡大します。)

mixiチェック

最近、お誘い記事が続いて恐縮ですが・・・

期間限定、講演会とボルネオ植林ツアーのお知らせであります。

わたくし、このカテゴリでちまちまと紹介しているとおり、10年ほど前から、
人類が荒廃させた沙漠や荒漠地、熱帯雨林などに、木をちまちまと植えております。

で、わたくしが参画しているボランティア組織が、今年の10月に創立10周年を記念して、
講演会を開く予定で、また、来年の1月にはボルネオ植林ツアーを実施予定ですので、
今回あわせてご案内させていただく次第であります。

少しでも興味のある方は、コメント投稿フォームのEmail欄にメールアドレスをご記入の上、
この記事にコメント投稿をお願いします。こちらから詳細をメールさせていただきます。
(Email欄に記入されたメールアドレスは、コメントには表示されません。)

どちらにも、どなたでも参加できますので、よかったらご一緒しましょうびっくり
(ちなみにこの組織、政治色・宗教色は全くありませんので念のため・・・)





創立10周年記念講演会



日時 2009年10月17日(土)13:30~16:00
      (会員総会は10:00からで、展示等もあり総会も一般見学自由です。)


場所 京都府城陽市「文化パルク城陽」大会議室
      (近鉄京都線「寺田」駅より南へ450m)


テーマ 「熱帯雨林と私たちの生活」
         (今回の講師は、森林生態学の専門家にお願いしており、
         熱帯雨林の仕組みやその消失状況と再生状況、
         私たちの生活との関わりなどについて、
         わかり易く、画像も交えてご講演いただく予定です。)


参加費 なんと無料!!!であります。にっこり








で、もうひとつは、かなり先なんですが・・・







東マレーシア(北ボルネオ)

熱帯林植樹勉強隊

期間 2010年1月8日(金)~15日(金) 8日間



行程 大まかには、関西空港→コタキナバル→クチン(植林)→ジャカルタ→関西空港


参加費 なんと約24万円!!!であります。すいません
        (これ以外にも関空までの交通費、査証料等が必要です。)



こちらについては、詳細が決定次第、再度ご案内させていただく予定です。



以下は、2007年7月、前回のボルネオ植林ツアーの記録です。

ちなみに、わたくしが参加したのは2005年に行った前々回でした。
ま、わたくし自身、今回も仕事の都合によって、ドタキャンになる可能性もあるのですが・・・落ち込み

ちなみにカラーコピー版の報告書を接写した画像ですので、見にくいですがご容赦を・・・


7fc5e772.jpg
この時、植えたのはマレー語でカポール、インドネシア語ではラワン、とゆー木であります。
ジャングルには80mにもなる巨木がいっぱいあったのですが、この50年ほどで、
ほとんどの巨木が伐採されてしまいました。
このような樹種の巨木が、いわゆる樹冠部を形成し、そこから地上まで、
様々な生態系で成り立っているのが熱帯雨林のジャングル、中でも、
世界最古といわれているのが、ボルネオ島のジャングルであります。
巨木だけを伐採しても、その影響はすべての生態系に及ぶわけで、
このまま放置すれば、CO2吸収だけでなく、まだまだ未知の可能性を秘めた、
ジャングル全体が危機に瀕します。
ただ、日本の屋久杉などとちがい、巨木に成長するまでわずか80年ほどですので、
ちょっと手助けをしてやれば、今ならまだ回復する可能性も残っているのであります。


703b3af1.jpg
隊員が装着しているスパッツ状のものは、ヒル除け用のオーバーソックス。
目の細かい生地でできており、ヒルの侵入を防いでくれる・・・はずであります・・・にっこり





7894d831.jpg
慣れない高齢者には、けっこうきつい作業なので、植林作業は一日だけ・・・
ま、元気な方なら、わたくしの分まで、がしがし植えて下さいね・・・
わたくしその間、木陰でちめたいビールなんぞを・・・げひげひにっこり

沙漠ならカラッとして、汗も蒸散するので頑張れたのですが、こっちでは息があがりました・・・




d144724a.jpg
現地の子どもたちに、「木を植え、育てる心」をはぐくむ、とゆーのが、
植林ツアーの目的のひとつですので、できる限り一緒に植えることにしています。






de5d58ac.jpg
サラワク州の森林局も、サバ州の森林局も全面協力していただいてます。

クチン周辺でも、心ある日本企業による壮大な植林計画も進んでいるそうですが、
まあ、こっちはせいぜい一回のツアーで数百本まで、それでも「木を植え、育てる心」
が少しでも現地で拡がれば、充分意義があると思っています。

アブラヤシのプランテーションや伐採などで、毎年本州の半分程度の熱帯雨林が失われている、
といわれているボルネオ島ですが、その生態系は実に複雑です。

とりあえず10月の講演会をお聴きになって、興味を持っていただけるとありがたいです。


で、もちろんツアーでは・・・
a7d275bd.jpg

d3f66d61.jpg
あちこちの戦跡や植物園、博物館も見学予定です。にっこり






mixiチェック

えーっ、本日、わたくしの関わる植林ボランティアグループが京都で開催した、
「温暖化を考える」と題した公開シンポジウムが一応無事におわりました。
とりあえず、無事におわってよかったよかった!

e07828e0.jpg
(シンポジウムの概要は、当サイト1月30日の記事をご覧下さい。)

で、

左バーのリンク集にある、FPA(S)Laboratoryのalaris540さんが、
遠路はるばる、参加してくださいました。

ブログ上ではお付き合いもあり、当サイトの10万アクセス記念には、
プレゼントをせしめたもののいただいたものの、
お会いするのはもちろんはじめてであります。

「当日は、まっ、まさか、自転車で?」

「いやいや、さすがに京都日帰りは、列車を使いますよ、あははは」

といったやりとりを事前にしていたのですが・・・


こっ、この装備はいったい・・・
cfc830d4.jpg

2fd7b083.jpg



こっ、この足回りはいったい・・・
28418c3c.jpg



「ほっ、ほんとに電車で来たんすかっ、この格好で?」

「あは、もちろん新幹線ですよ、
途中からは・・・」


あんた、ほんとはどこから新幹線に乗ったんや?・・・ショック

ま、明るいライトもいっぱいあるみたいだし、暗くなっても平気なんでしょうが、
無事のご帰還を心よりお祈り申し上げます。
誰かさんみたいに、空中大回転とかしないように・・・にっこり

で、せっかくお土産まで持って来ていただいたalaris540さんのために、
わたくしは・・・


京都名物タンザニア名物の・・・

じゃーん
1648447e.jpg


バオバブの実を食べさせたのでした!
しかも一粒だけ・・・あかんべー


alaris540さん、今日はほんとにありがとね!

今年のボルネオ植林、来年のアマゾン植林

是非、ご一緒しましょうね
mixiチェック

このページのトップヘ